あなたにしかできないことがある

神様はあなたを用いたいと願っておられます

短期の参加方法

2週間から6ヶ月以内の活動機会

弟子訓練学校(DTS)

弟子訓練学校(DTS)はクリスチャンとしての歩みを深めるための基本的な訓練コースで、半年間の共同生活を通して学びます。世界各国で様々な形態で開催されているので、自分に合った DTSを探してみましょう。

DTSについて調べてみる >

ボランティアとして参加する

世界中のワイワムでは、様々な形でボランティアを受け入れています。その奉仕内容は多岐にわたり、現地の教会でイベントを手伝ったり、芸術やスポーツを通して交流したり、建物の管理運営に関わったり、トラクト配布やホームレスの人々への炊き出しに至るまで、様々です。日本国外でのボランティア活動に関しては、英語(あるいは現地語)を話せることが条件になります。その場合、 Mission Buildersとして出願することもできますし、各国のワイワムに直接問い合わせることも可能です。

また、日本国内でもインターンやボランティアとしての参加を受け入れている場合があります。興味のある方は以下から関心のある活動拠点に直接お問い合わせください。

日本ワイワムの活動拠点 >

長期の参加方法

弟子訓練学校修了後のさらなる活動

スタッフになる

ワイワムではおそらく、神様の御心ならどんな形でも活動することが可能です!ワイワムに参加することは、信仰と従順にもとづく冒険です。2年ほどスタッフになってみることから始める人が多いですが、そこから生涯にわたって宣教活動に献身する人も大勢います。

ワイワムの中で活動することの大きな喜びの一つは、様々な国や教派出身の仲間達と働けることです。日本ワイワムでも、北米だけでなく南米やヨーロッパ、アジア各国など様々な国からのスタッフが宣教師として来日して活動しています。日本からもぜひ世界各国へ出かけていき、神様に仕える人が多く起こされることを願っています!

給与や報酬

ワイワムでは一切給与や報酬が出ません。ほとんどのスタッフは、自分の働きに賛同し応援してくれる教会や個人からの寄付金を募って活動しています。中には、宣教の働きも兼ねて報酬がある仕事をしながらスタッフとして活動している人もいます。(この点については各ワイワムによって方針が異なりますが、ほとんどの場合サポーターを通して生計を立てることが期待されます。)

出願方法

ワイワムスタッフとして出願するには、まず弟子訓練学校(DTS)を修了していることが第一条件です。これは全世界のワイワムで共通することです。次に、スタッフとして生活するにあたり、生計を立てるだけのサポートを集める必要があります。

日本ワイワムでも随時スタッフを募集しています。海外からだけでなく、自国への宣教に導かれた日本人のスタッフもいます。より多くの人が日本ワイワムに加わって下さることを願っています!詳しくは以下から各拠点に直接お問い合わせ下さい。

日本国内の活動拠点 >

University of the Nationsで学ぶ

University of the Nations (以下UofN)では、短期セミナーから学位に至るまであらゆる形態で学ぶことができます。聖書解釈や神学をはじめ、カウンセリング、芸術、医療福祉関係、世界宣教など、様々な専門科目が用意されています。ワイワムでの学びの特徴は、論理と実践の両方に重点を置いていることです。コースによって期間は3〜9ヶ月と様々です。

※現時点ではUofNではほとんどのコースが英語のみで開催されていますが、中には他の主要言語や韓国語の通訳付きで開催されている場合もあります。日本ワイワムでもまだまだ数は少ないですが、いくつかのスクールを開催しています。日本で開催されているものについては以下からご確認ください。

申し訳ありませんが、現在日本にはUofNコースがありません。

※ワイワムで開催されている専門科目を学ぶには、弟子訓練学校を修了していることが条件となります。